<< 甲子園を情報圧縮 | main | 自転車天国 >>
2015.08.02 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.08.29 Saturday

(続)甲子園を情報圧縮



メディアプレイヤーを再生してみると、ケーブルモデムの回線のせいか、あるいは、まだ当時はバックボーンの帯域も十分でなかったせいか、うまく映像を見る ことはできなかった。それでも、音声の方は、かすかなヒットの音を追いかけるように、あの観客席の歓声がスピーカから再生され、それともに、脳裏には、あ の甲子園大会の映像が生々しく甦ったのだった。それは、僕に、甲子園大会を体感させるには充分な情報だった。

乾いた土地に雨が染み込むように網膜に映像が焼きついた。そして、改めて気がついた。甲子園大会の旨みのエッセンスというのは、あの熱い空気を更 に蠢かせる観衆のどよめきであると。もちろん、ピッチャーとバッターの駆け引き、守備の手さばき、とミクロレベルにはたくさんあるのだけれど、あのどよめ きが、選手のプレイ以上に、TV視聴者の心を熱くしていたのだ。

90年代に加速した映像圧縮技術の普及は、80年代までに進められていた符号化理論の理論的研究を背景とし、DSPとLSIのプロセスの微小化に よって一気に進められた。こうして、パソコン端末側の準備が整ったところに、ブロードバンド環境の整備によって大衆の用に供するところになった。90年代 前半にはJPEGのコーディングを研究室でしながら、マッキントッシュのテストチャートを圧縮していた日は、すでに過去の日々である。

映像符号化の秘密は、コサイン変換によって、めだたない部分のビット割り当てを粗くして、エントロピー符号化の採用により、情報の本質的にもつ複 雑さまでは符号量を落とすことができることをからくりとしている。その後、理論的なブレイクスルーは枯れてしまったが、更なる圧縮には、送り手と受けての 間で、知識的なコンテキストを共有した上で、意味として重要な情報のみを送信するとする考え方がある。

甲子園大会の音声の例で言えば、おそらく8kbpsの5秒分の音声でわずか5キロバイトほどで、数メガバイト相当の映像を情報圧縮して、視聴者に伝えることができたといえよう。

もっとも、甲子園大会を知らないラテンの国の視聴者が音声だけを聞いたとしたら、闘牛場のシーンか何かと受けとめたかもしれない。メディアは中身が何であっても、受けて側で意味が定まるものだから。

にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
2015.08.02 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM