<< リプロダクションは二度死ぬ | main | 全共闘:1Q68の秘密 −吉本隆明をめぐってー >>
2015.08.02 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.08.19 Wednesday

(続)リプロダクションは二度死ぬ

 


帰国時に、船便で日本に輸送し、日本の家屋には少し窮屈感は感じながら室内に収容した。日本の家具にはない重厚感とアンティークの風合いは、初老の大型犬のようで、その日から家族の一員のようになった。むしろ、部屋のほうが、日本ばなれした異国の空間に変貌したのだった。

その後、数年使っていくうちに、異変に気がついた。 まず最初に、天板の板の継ぎ目が現れた。購入時は気づかなかったのだが土蔵の引き戸のような天板は一枚板ではなく、丁寧に4毎の板が集成されており、電灯の光に照らされているうちに、集成された板がそれぞれわずかに異なる色へと変色した。 次に、塗装が磨耗していった。古色がかったウレタン塗装が、食器の熱や、消しゴムのカス、摩擦などによって、使い込んだところだけ、新品に板のように薄くなり、全体に見るとまだらになった。


新品の家具は、使い込んでいけば、古びてくるのだが、リプロダクションも、当然に古びていく。しかも、見かけ上の古びたメイクが剥がれて、ある種若返ったような古び方をするとでも言えようか。リプロダクションは、二度死ぬのだと。

アンティークの鑑定士に言わせれば、どんな贋物も、必ず破綻を備えているのだという。おそらく、アンティークショップで購入したアンティークの贋物であれば、集積板であることも塗装の後塗りであれば、購入数年後には、簡単にわかったことと思う。

まがい物のアンティークを購入したような失望感を特に感じたわけではない。むしろ、モノは嘘をつかないというのが、気持ちよく納得された。ようやく、これから実際に使った分だけ古色がかっていくことになった訳である。 最近はビンテージリーバイスのリプロダクションも良く見るようになったが、あれらのジーンズはどのような形で二度死ぬのだろうか。
 
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
2015.08.02 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM