<< 1Q84の秘密  青豆さんとマハーバーラタ | main | 白磁金魚紋茶杯 >>
2015.08.02 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.12.26 Saturday

ラストサムライ 美しき誤解

 
ラストサムライは美しい誤解に満ちている。

トムクルーズ演じるオールグレン大尉が幕末の日本にやってきて、渡辺謙や真田広之らの演じるサムライたちと過ごす日々は、その映像美とともに美しい。

ただ、その映像も日本も、やはり実際のサムライの生活とは違うだろうことが直感的に理解できる。

自分も生きたことのない、その時代をもって、どこが事実に反しているのかと具体的には指摘できないとしても、これほど美しく優美で穏やかさだけが全てであって、汚さとおろかさと卑屈さが微塵も見られないのはありにくいと思うのだ。

人は、物語を創造するとき、今の時代に欠けているものを、自分たちの不徳は棚に上げて、物語の世界に反映するものであるから、ラストサムライの世界が現実離れした嘘っぽさをはらんでいるのはしかたないところであろう。

むしろ、その美しいサムライの世界の物語に、何か異議を唱えるとするならば、ラストサムライの世界には、日本人が生理的に嗅ぎ取るような日本固有の暗さとそれに付随するエロスが欠けているように思う。

それゆえに、ラストサムライには、日本人ならばすぐに気づくようなエロスの匂いがまるでなくて、どこまでも中国の桃源郷のような無色潔白さだけがしらじらしく残るのだと思う。

実のところ、真田広之も渡辺謙も、まるで中国の時代劇の武人を演じているように見えてくる。

ここまで書いてきて、外人には、日本の陰がわからないという結論で結んでしまってよいのかという懸念は少しばかり残る。ラストサムライの監督が見出したサムライの美学にこそ、日本人の眼で目垢のつきすぎたサムライ像の見直しを図るきっかけであるという前向きの視点もまだ有効だと思うのだ。

現代劇では、少しばかりバタ臭さの残る小雪さんの筋のとおった鼻も、ラストサムライの世界の中では、めだつことなく、サムライの妹という日本の女を違和感なく演じていると思った。

2015.08.02 Sunday

スポンサーサイト

コメント
コメントする








 
この記事のトラックバックURL
トラックバック
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM