2015.08.02 Sunday

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

2009.08.16 Sunday

世界は言葉でできている




子供のころはお化けが怖かった。愛読していた学習図鑑も鯨の泳ぐページだけは、飛ばして見ないようにした。

大人になって、お化けの話が好きになった。正確に言えば、幻想文学の愛読者になった。

世界は言葉でできていることを前提とすると、幻想文学とは、こちら側とあちら側の境界を発見する試みである。境界を越えてあちら側(異界)に行って帰ってくる冒険譚はファンタジーと呼ばれ、あちら側(あの世)に行きっぱなしの世界はXXガイとかオカルトとか呼ばれる。

ファンタジーのヒーローが賞賛されるのは、その勇気でなく、あちら側で甘美な世界に誘惑されても戻ってくる倫理観にある。幻想文学の愛読者が注目されないのは、臆病なので、境界のクレバスを見つけたら、そこで満足して引き帰してくるだけだからである。


川上弘美さんは、日常生活が突然と、足元から地面がぬけそうになる、儚く不思議な短編を書く美人小説家である。ある日、彼女が谷内六郎の本について朝日新聞に書いていた書評を見つけ、一読した。幻想文学を愛好する者の行く途を指し示す思いがして、大切に切り抜いておいた。

-------------------------------------------------
子供のころ、谷内六郎の描く『週刊新潮』の表紙がこわかった。そしてそれは、宮沢賢治の童話を読むときのこわさと、同じ種類のものであった。児童文学と呼ばれるものの大概をわたしは愛読したのもだったが、どうしても賢治だけは読めなかった。

なぜか。そこには理路整然というものがなく、子供の世界の模糊としたさまが描かれていたからである。そこには善も悪もなく、淋しさや暁の幽(かす)かな光のようなものだけが、世界の方向を決めていたからである。子供を子供の世界に放り出しても、子供は困惑するばかりなのである。子供があかるい歓びを感じるのは、子供の世界を整理し方向づけ、はげましてくれるものだ。

子供はその中ではじめて、守られているように感じる。現実の子供の世界の隙間から噴き出す悪夢と無秩序を、見ないですむと感じる。子供が大人になること。それはたぶん、世界の無秩序を自分の中で飼い馴らすことが上手になること、なのだ。(川上弘美 「大好きな本」)
--------------------------------------------

確かに子供のとき、床屋で順番を待つ横に詰まれた週刊新潮の表紙とそこのテレビから流れる退屈な大相撲の拍子木は、気持ちに暗雲垂れ込めさせ、陰鬱たる思いにさせた。


にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
2009.08.06 Thursday

ヤフードーム異聞

  
 ヤフードームの話である。福岡を離れることになった友だちが一度はドームを見ておきたいという。リクエストに応えて、仲間でこぞってドームに野球観戦にでかけた。

グラウンドと同一のグリーンで統一された観客席はゆるやかなスロープを描き、どこの座席からも試合を臨場感もって楽しめるようにされた設計が印象的だった。試合は、派手な展開はないものの、シングルヒットと犠打等の小技の応酬。投手リレーも目まぐるしく、その日広島をやぶったソフトバンクは、その日を機に、連勝を重ねることとなった。


ところで、球場名にまで冠せられるまでなった「ヤフー」のもう1つの意味を知る人は多くないのではないだろうか。日本では子供向けの物語として知られることになる「ガリヴァー旅行記」は1726年、イギリスでジョナサン・スウィフトにより出版された。スウィフトはトーリー党親派の政治家として活躍したものの、アン女王の反感とホィッグ党の復活とともに、失墜する。そして失意のもと戻った故郷のアイルランドでスウィフトは執筆活動に没頭することになる。そして、同小説の中で、ガリバーが訪れる最後の国フウイヌムでヤフーなる生き物を登場させている。

ヤフーとは、毛むくじゃらの猿人で、人間の野蛮性を増長させた生き物である。家畜人あるいは餓鬼とでも訳するのが妥当であろう。一方、フウイヌムは知性を獲得した高貴な馬であって官僚的にフウイウムの国を支配している。風刺小説であることからも明らかなように、両者はいずれも人間の鏡として描かれ、よくも悪くも人間はフウイヌムよりは愚かでヤフーよりは真っ当なはずの生き物と位置付けられる。このあたりは四方田犬彦氏の著作が楽しい。

さて、とすれば、ヤフードームとは、さしずめ、伏魔殿とでも訳するのが適当ではないか。インターネットの寵児であるジェリー・ヤン氏らも、まさか、創業した会社の名前がその後、球場にまで命名されるとは予想しなかったろう。

2011年、村上龍氏の「半島を出でよ」では、北朝鮮のコマンダが日本に潜入し、福岡市を占領するのだった。9人のコマンダは、最初の作戦として、試合の最中のヤフードームを制圧する。観客を人質にして、後続の戦闘機の上陸を成功させてしまう。ヤフードームの隣のシーホークホテルは占領軍の本部となる。

そうなってくると、ここヤフードームが伏魔殿の異名を持つのも、意味深長である。北朝鮮の作戦コードは伏魔殿のハイジャックであったかもしれない。
客席を眺めれば、あちらこちらで観客は次から次へとビールで顔を赤らめ、腹をせり出して、メガホンを叩いて奇声をあげる。平安時代の絵巻に見る餓鬼の姿と見えないこともない。やはりここは伏魔殿であったのか。

小説の方は、続きがある。日本政府も手がだせない北朝鮮の占領軍を、殲滅させて日本を救うことになるのは、それぞれ心に傷をもつ軍隊マニアのオタクたちであった。彼らの言動はいかにも村上龍氏好みのマイノリティとして描かれている。確かに、彼らはパソコンでヤフーで検索をやりそうだ。希望はある。
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
2009.08.05 Wednesday

地球空洞説 2

  
 ガードナーたちを地球空洞説の実証のために、北極探検計画に駆り立てた背景は何だったのだろうか。

種村季弘氏の前著では、1つの解釈として、ガードナーらがアメリカ大陸の発見者の精神性を承継した末裔であるアメリカ市民であることを指摘する。彼らは、新大陸が発見された後も、さらなるフロンティアを憧憬していたのだと言える。もう1つの解釈は、アメリカ大陸の原住民インディアンに伝承されていた説話の影響である。説話では、彼らの祖先はかつて地下の空洞に住んでいたという。彼らの地球論は被征服民族の神話の隔世遺伝ではなかったかと指摘する。

もっとも、宇宙論の仮説、理論に関しては、古代、中世から、脈々と流れる想像力の系譜があって、プラトンの古代哲学からケプラーの太陽系モデルあたりまで美しい関係性を展開してる。ダンテの神曲の地獄の構図など、シムスのバームクーヘン状の地球空洞モデルを断面にしたごとくである。

この点、ガードナー等の想像力は、ジュール・ヴェルヌの「地底旅行」(1864年)あたりに接した一般市民の素朴な空想ぐらいに思える。その意味で、仮説自体にはあまりオリジナリティは感じられない。むしろ評価すべきは、仮説を実証しようとした情熱の方にあると思うのだが、その情熱がマゼランやコロンブスのそれらと一線を画すものはいったい何か。

それは、結果として成功したか否かというよりは、大航海時代の新世界という近未来への前向きな情熱と比べて、どこかに大きな空洞があるのならばそこで隠れて暮らしたい退行性を秘めた暗い情熱にあるのではないか。

世界は広がる。宇宙は膨張していく。進歩と変化は止まらない。穴があったら入りたい。マゼランの時代には、自覚されることのなかった近代人固有の不安の発見である。

ギュンターグラス原作の映画「ブリキの太鼓」の冒頭で主人公の少年がお祖母さんの大きなスカートにもぐりこむのに、その情熱は似ているように思える。 にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
2009.08.05 Wednesday

地球空洞説

  

地球空洞説をご存知だろうか。地球は中が空っぽらしい。 1947年、リチャード・バード少将は、北極探検飛行中に、奇妙な穴を発見した。穴の正体を確かめるべく、接近すると、中には緑あふれる山脈が広がっていたという。

このエピソードは、地球が北極と南極が開口部であって、内部をは空洞であるという新説とともに、1969年、レイモンド・バーナード博士が上梓した「空洞地球」によって世間に知られることになった。 もっとも、地球空洞説は、バーナード博士のまったくのオリジナルではなかった。1692年ハレー彗星で有名なハレーが仮説を提唱し、1818年アメリカ陸軍大尉シムズが、1913年ガードナーがそれぞれ地球空洞説を立証すべく極地探検を計画している。実のところ、ガードナーはエスキモーを雇い、グリーンランドから北極海までは北進する具体的プランを準備していたのだった。

そんなわけで地球空洞説にも、複数のバリエーションがあって、ハーレーやシムズの説では、バームクーヘン状に階層状態であり、ガードナーの説は、北極と南極に穴があいた芯をぬいたリンゴのような中空としている。 20年以上も前に、種村季弘氏の「アナクロニズム」で、葦原将軍のエッセイともに、この話を知っていらい、好みのネタの1つだったのだが、そんなことはもうすっかり忘れていた。

さて、つい最近のことである。ロシアの怪しい風貌の数学者がポアンカレ予想を解いた。このニュースは、位相幾何学を勉強し直すまではいかないものの、ポアンカレ予想の解説書を手にとらせるには十分だった。 そんなわけで、ドナル・オシア氏の「ポアンカレ予想を解いた数学者」を立ち読みしてみると、ポアンカレ予想をペレルマンが解くまでの、歴々の数学者の貢献=お膳立てが200年ぐらいのスケールで丁寧に解説してあった。
 
はなはだ怪しい理解ではあることはご容赦いただきたい。どうやら、ポアンカレ予想の意義というのは我々の住む宇宙が球体であることを明かすものらしい。すなわち、真ん中に穴の空いたドーナツ(トーラス)ではないことを、ひもを結んだロケットが宇宙を一周して帰ってきたときに、ひもをひっぱって回収できれば、ドーナツでないといえる。 ドナル・オシア氏の解説書では、まず大航海時代にマゼランが世界一周をした時期から説明が始まる。とりあえず地球を宇宙に見立てている。東に向かって航海し、元の場所に戻ってきたのであるから、地球は球であると、当時の識者は断定したわけである。

ところが、と、オシア氏は、次の旨の指摘をする。曲面上を一周できたので球であると、現代の知見を導入しても、その見解を肯定できるだろうかと。 ページを繰ると、ドーナツ状の地球の図が描かれていた。ドーナツの多様体の任意の一点を基点として、トーラス上に軌跡を描いたとしても、一周して、もとの基点にたどり着くことは可能である。 ひょっとしたら、マゼランは、ドーナツの内側のところをグルリと一周したのかもしれないことは容易に想像できた。 ドーナツとしての地球。位相幾何学的にはトーラスと呼ぶのが正しい。

いずれと呼ぶにしても、地球の北と南に穴が空いているとすれば、これはハーレーが空想し、シムズが幻視し、ガードナーが資産を投じて北極海まで、と彼らの情熱を駆り立てた地球空洞説にほかならないではないか。本屋の帰り道に歩きながら気がついた。地球空洞説からペレルマンまで20年たっていた。                         つづく
 
にほんブログ村 小説ブログ エッセイ・随筆へ
にほんブログ村
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
PR
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM